《1日2名様限定》特別価格¥5,500(税込)で施術できます。今すぐご予約ください! 

【腸のトラブル#2】腸の主な炎症を解説します。

腸のトラブル#2、リーキーガット、SIBO、腸の炎症
目次

とりあえず動画で見る

主な腸の炎症です

リーキーガット  腸漏れ Leaky Gut (SIBOの影響もある)
※後ほど詳しく解説します。

・SIBO 小腸内細菌増殖症
Small intestinal bacterial overgrowth syndrome スモール インテスティナル バクテリアル  シンドローム
腸の粘膜を傷つける
※後ほど詳しく解説します。

・IBS 過敏性腸症候群 (便秘型、下痢型、混合型、分類不能型)
Irritable Bowel Syndrome イリタブル  バオ シンドローム
上記は心身症としての側面もある疾患

・機能性ディスペプシア  自律神経のアンバランスにより蠕動運動に不具合

・潰瘍性大腸炎
ご本人やご家族で困っている方はご連絡をお待ちしております。

・アラビノース(腸内カンジダ)→口中から 歯磨き励行
カンジダ菌から放出される「アセトアルデヒド」は、二日酔いの原因になるもので、慢性の頭痛の原因となります。それ以外にも慢性疲労症状や抑うつ症状、パニック障害、などの様々な症状を起こす場合あり。歯磨き、舌苔の手入れ。
アラビノースはカンジダが食べ物を代謝した時にできる副産物です。
また、ビタミンやミネラルの吸収を悪くしてしまうので、メガビタミン療法に取り組んでいる人は、専門家に除菌のやり方をを指導してもらってから取り組むとスムーズだと思います。

・クローン病   腸の粘膜に慢性的に炎症 難病

・腸管ベーチェット病  繰り返し潰瘍ができる 難病

・大腸がん  早期では自覚症状はない、便秘大敵、女性がん死亡率1位

リーキーガット 腸漏れ Leaky Gut

主な症状

腸内細菌が弱いと腸粘膜の新陳代謝がうまくいかず、細胞の間(タイト・ジャンクション)が緩んで隙間が空く。その隙間から栄養素や腸内細菌、病原菌がすり抜けて血管内に漏れ出し、免疫機構がそれらを異物や抗原とみなしアレルギーが引き起こされると考えられています。(一部で30歳以上男女の99%が腸もれになっていると言われています。)

食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎、じんましん、偏頭痛などの相関もある

腸の透過性が亢進し、異物が血管内に漏れる

原因 炎症

  • よく噛まないで食べる
  • 動物性脂肪の摂りすぎ
  • 睡眠不足が続く
  • ステロイド鎮痛剤の使い過ぎ
  • 食品添加物のとりすぎ
  • ミルク入りコーヒー
  • 炭酸飲料の飲みすぎ
  • 糖質脂質の摂りすぎ
  • 水銀蓄積
  • 栄養が偏った食事
  • 発酵食品の不足
  • SIBO

対策法

※グルテン、カゼインを断つ。×小麦と牛乳

医療機関で有機酸検査することもできます。 検体:尿

SIBO(シーボ)小腸内細菌増殖症 Small Intestinal Bacterial Overgrowth

症状

小腸内細菌増殖症(SIBO)(シーボ) 嫌気性細菌が小腸で多くなることで起こるとされている。
原因不明の腹痛、便秘、下痢、腹満感を訴える人の中に、かなりの割合でSIBO患者が存在する可能性がります。

大腸菌、カンジダ、カンピロバクター、クレブシエラ菌が小腸の粘膜を傷つける。

それらが急激に増殖し、豊富な栄養を分解して多量のガスを産生、おなかが張る、ガスが異常に出る。
特に少ししか食べてないのにお腹が張るなどの異常は、SIBOを疑って良いと思います。

原因その1

・腸内細菌が悪玉菌を増殖させてしまう

胃酸の減少(摂食不良や鉄欠乏によるエネルギー不足、ピロリ菌感染、胃酸抑制薬の乱用)

膵液・胆汁の減少(胆のう摘出、慢性膵炎、ストレス)

・腸管運動低下による腸内クリーニング機能の低下(糖尿病、低血糖による過緊張)

・回盲弁(バウヒン弁)の緩み(大腸と小腸をつなぐ弁)

原因その2

炭水化物、小麦製品、砂糖、添加物の摂りすぎ ⇒高FODMAPポリオール

高FODMAP食

摂りすぎると逆に悪い場合がある。

×豆乳、納豆、塩麴、ヨーグルト、牛乳、果物、はちみつ

低FODMAP食

SIBOの疑いがある場合、低FODMAP食にしてみよう!

バナナ、ブルーベリー、メープルシロップに変えるなど工夫すると良い。

×頻繁な間食や夜食

上記をやめて1~2週間で状態が良くなれば、SIBOだった可能性大です。

腸蠕動運動の低下も良くない。

腸の敵 良いとされたものでも敵になる場合がある

👿高FODMAP食  糖類:サッカライド
多くの方々が腸に良いと思い食べている発酵食品。これは、SIBOにとって良くないんですよね。

どうやって見つければ良いのか?

呼気検査

医療機関で食後120分以内に呼気のガス濃度が増加するか検査します。

自費診療 約7万円

※炭酸ガス、メタンガス、水素ガスなどのガスの種類と真菌増殖の有無を調べる

尿中有機酸検査

尿の中の有機酸、74種の有機化合物、 代謝副産物を調べる

※食後に下腹部ガスでポッコリ膨れ⇒異常なオナラ、腹痛、下痢は怪しい

治療方法(例)

増殖した菌を除菌する

胃腸薬や抗生物質(エリスマイシン、モサブリド )

天然抗菌ハーブ等、漢方薬(桂皮加芍薬湯、大建中湯)

低用量ナルトレキソン

腸内細菌のエサを減らす

低FODMAP食へ変える

腸の蠕動運動を促進しよう

断食、ファステイング

汚れたプールに綺麗な水入れても汚れた水のまま。

なかなか、成果が得られなければ、断食、ファスティングに挑戦しても良いかと思います。

ただし、専門家に管理してもらった方が安全です。ファスティング中、低血糖などで震えがくる、気分が悪くなるなどの危険状態になるかもしれません。

・腸を冷やさないことが重要です

まとめ

有名になってしまったリーキーガット、SIBOを取り上げてみました。
いかがだったでしょうか?
次回は腸の健康に良いことを説明したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次